MENU

日本代表は鬼木達監督が適任と言われる3つの理由!実績は長谷川健太より上

サッカー日本代表の森保監督の後任候補に、FC東京監督の長谷川健太監督が挙げられていますが、この人選には疑問の声が多数上がっています。

そこで次に浮上したのが、鬼木達監督

長谷川監督よりも鬼木監督を切望する声が多く上がっています。

なぜ鬼木監督が支持されるのか、鬼木監督のこれまでの経歴や実績についても紹介していきます!

目次

後任候補が長谷川健太であることに疑問の声

森保監督の後任候補が長谷川健太監督であることが報道され、ネット上では賛成意見よりも反対意見の方が多かったようです。

長谷川監督は現在FC東京の監督として活躍をしていますが、

・試合がつまらない
・攻撃が個人任せ
・戦術的な修正がない

などの理由から、森保監督の後任になってもなにも変わらない、つまらないという声が多くありました。

たしかに、森保監督も同じようなことでかなり批判されていましたね。

日本代表監督候補について長谷川監督本人は全く聞かされていなかったようで、否定をしています。

なので、現段階では別の監督になる可能性もありそうですね。

長谷川監督が反対される一方、日本人なら鬼木監督がいいという声がかなり浮上していました。

鬼木監督は何故ここまで支持されているのでしょうか?

長谷川健太監督よりも鬼木監督が支持される理由3つ

鬼木監督が支持される理由には以下の3つが考えられます。

  • 長谷川健太監督よりも実績が上
  • 戦術と修正力がある
  • 面白い試合をしてくれそう

これについてそれぞれ詳しく説明していきますね。

①長谷川健太監督よりも実績が上である

長谷川監督よりも鬼木監督のほうが実績は上ではないかと言われています。

こちらが、J1リーグ歴代優勝チームと監督の一覧です。

https://twitter.com/milnii_san/status/1446817592434298889

たしかに、J1優勝回数でいうと、鬼木監督のほうが上ですね。

ここ最近の実績をみても、鬼木達監督の勢いがあることが見てわかります。

しかし、長谷川監督は選手時代に代表経験があるので、そこも加味されたのかもしれませんね。

②戦術と修正力がある

川崎フロンターレでの鬼木監督の戦術は高く評価されています。

その高度な戦略で今まで実績を上げてきました。

しかし、それが日本代表ですぐに浸透するかどうかが問題ですが…。

今までの森保監督が散々『戦術がない』と叩かれてきたので、次は戦術がきちんとある人に監督をやってほしいと思っている人が多いようですね。

③面白い試合をしてくれそう

なにより、鬼木監督だったら面白い試合になりそう!という意見も多かったですね。

これも戦術がきちんとあるからが故だと思います。

森保監督率いる日本代表の今までの試合は、見ていてつまらない。という声がかなりありましたからね…

ワクワク、ドキドキ、ハラハラするような楽しい試合が見たいですね!

鬼木達監督の経歴がすごい!

今日本監督の中で支持されている鬼木監督のプロフィールと経歴を紹介します。

名前:鬼木達(おにきとおる)

愛称:オニ、オニさん、アニキ

生年月日:1974年4月20日(47歳)

出身地:千葉県船橋市

身長:168㎝

体重:66㎏

現役時代のポジション:MF

利き足:右足

船橋市立船橋高等学校を経て鹿島アントラーズに入団。

川崎フロンターレでレギュラーとして活躍していました。

2006年に現役を引退し、育成コーチ、ヘッドコーチを務めています。

2017年に川崎フロンターレの監督に就任。

就任1年で川崎をJ1リーグ優勝に導き川崎に初タイトルをもたらしました。

2018年にもJ1で優勝し、連覇を達成。

2019年には川崎初のルヴァン杯優勝。

2020年にはリーグ最多連勝記録を1シーズンで2度築きJ1で歴代最速優勝天皇杯においてもクラブ初優勝し2冠を達成しています。

就任後すぐに実績を出し続けるという、かなりすごい経歴をお持ちでした。

これだけ支持されるのもわかりますね。

支持されているが故に、川崎フロンターレの監督から引き抜かないでほしい!!

という声も多かったですね。

まだ森保監督の解任も確定していない中ですが、長谷川監督が断れば、声がかかる可能性が高そうですね。

ただ一つ、鬼木監督には現役時代に代表経験がないというところがネックですが…。

川崎フロンターレに必要な存在ではありますが、鬼木JAPANも見てみたいものです。

まずはオーストラリア戦の結果がどうなるのか、後任は誰なのか、今後も注目が集まりそうですね。

目次
閉じる