MENU

【2021最新】ドクターX主題歌がSuperflyじゃない理由は?

2021放送『ドクターX~外科医・大門未知子~』の主題歌に『Ado』が起用されることになりました。

シーズン1からSuperflyというイメージが定着してますが、シーズン6に初めて『P!NK』に変わり、シーズン7は『Ado』。

初期からのファンからすれば、なぜSuperflyじゃなくなったの?と疑問の声が上がっています。

今回はドクターXの主題歌がSuperflyではなくなってしまったのか調査してみました。

目次

ドクターXの主題歌が今回もSuperflyじゃない!

https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/

これまでの主題歌一覧

ドクターXのこれまでの主題歌一覧です。

  • シーズン1:Superfly『Force』
  • シーズン2:Superfly『Bi-Li-Li Emotion』
  • シーズン3:Superfly『愛をからだに吹き込んで』
  • シーズン4:Superfly『99』
  • シーズン5:Superfly『Force -Orchestra Ver.-』・Superfly「ユニゾン」
  • シーズン6:P!NK(ピンク)『ソー・ホワット』
  • シーズン7:Ado(アド)『阿修羅ちゃん』

シーズン1からシーズン6までずっとSuperflyだったのに、シーズン6からSuperflyではなくなっています!

これにはドクターXの当時からのファンは衝撃だったようです。

『P!NK』主題歌の評判

初めてSuperflyではなくなった時はどんな反応だったのでしょうか。

このようにめちゃくちゃいい!!という意見と、やっぱりSuperflyが良かった・・・という賛否両論だったようですね。

シーズン7は『Ado』に決定!

シーズン7の主題歌はAdoに決定しました!

これに関してもかなり賛否両論だったようですね。

やはり、ドクターX=Superflyというイメージが定着していて、受け入れがたい感じはあるみたいですね。

もちろんAdoさんの『阿修羅ちゃん』に期待が高まる声もありました。

ですが、ドクターXファンは、『Ado』と『阿修羅ちゃん』はちょっとイメージと違う・・・という意見の方が多かったですね。

なぜドクターX=Superflyという方程式は崩れてしまったのでしょうか。

ドクターXの主題歌がSuperflyじゃなくなったのはなぜ?

P!NKになったのは朝ドラと被っていたから?

ドクターXシーズン6は2019年10月〜12月の期間で放送されており、朝ドラ『スカーレット』は2019年9月30日~2020年3月28日まで放送されていました。

Superflyさんはスカーレットの主題歌を担当していたため、期間が被っていてドクターXの主題歌を歌えなかったのではないかと言われています。

それなら仕方ないか・・・とも思えますが、今回はなぜSuperflyではなくAdoさん起用なのでしょうか?

NHKが関係している?

https://twitter.com/tamatama279egg/status/1447544257418457091

今回SuperflyにならなかったことにNHKが関係しているワケではなさそうですが、前回朝ドラと被ったせいでドクターX=Superflyという流れが途絶えてしまったのは間違いなさそうですね。

主題歌に対するキャストの声は?

主演の米倉涼子さんはAdoさんの楽曲『阿修羅ちゃん』に対して、このようにコメントをしてました。

  • パワフルな感じで歴代のドクターXの主題歌の流れを引き継いでいる
  • 出演者の年齢層が高いドラマなので、この曲で勢いを付けていってもらいたい
  • 『阿修羅ちゃん』はどんなときでも立ち向かう守護神という意味かな?
  • 編集段階で『ドクターX見た!』っていう感じになった
  • すごくドラマの世界観とマッチして、相性がいい気がする
  • 本当にありがとう!

米倉涼子さんがさんがこう言っているのだから、期待してもいいのかな?と思いますね。

Superflyではなくなってしまったのはとても悲しいですが、どんな楽曲なのか注目したいですね。

目次
閉じる