「I Love Ireland Festival 2020」開催中止のお知らせ

3月14日(土)~3月15日(日)に代々木公園で開催を予定しておりました「I Love Ireland Festival 2020」に関しまして、日本各地での新型コロナウイルス感染症の拡がりを考慮し、協議を重ねた結果、ご来場いただくお客様、出演者および出店各者、スタッフの安全を最優先に考え、誠に残念ではございますが、開催を中止させていただくことになりました。

楽しみにしていただいていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2020年2月27日
I Love Ireland Festival 2020実行委員会

News

About

What is St.Patrick’s Day?
セント・パトリックス・デーとは?

セント・パトリックス・デー(St.Patrick’s Day)とは、アイルランドのナショナルデーです。5世紀にアイルランドへキリスト教を伝えた人物で守護聖人である聖パトリックを記念する祝日です。アイルランドでは、パレードを行うなどして国中でこの日を盛大にお祝いします。また、今では“アイルランドにまつわるすべてのものを讃える日”として世界中でお祝いされ世界中が緑に染まる1日です。

写真提供:アイルランド政府観光庁

アイラブアイルランド・フェスティバルとは?

今回で7回目を迎える「アイラブアイルランド・フェスティバル」は、アイルランドにキリスト教を伝えた聖パトリックの功績を讃えたアイルランドの祝日「セント・パトリックス・デー」に合わせて、毎年、代々木公園で開催されるアイルランド関連イベントの中では日本最大級のお祭りです。
アイルランド料理やアイリッシュ・パブ、雑貨店などが並び、ステージでは音楽やダンスなど、アイルランドを体感することができる2日間。

The 7th Annual “I Love Ireland Festival” is Japan’s largest Irish event that takes place at Yoyogi Park every year to celebrate Ireland’s national holiday, St. Patrick’s Day . It remembers St. Patrick, one of Ireland’s patron saints, who introduced Catholicism in Ireland.
You can experience Irish culture through food, drinks, merchandise, music, dancing ,informational sessions and booths for two days.

イベント概要

Title
「アイラブアイルランド・フェスティバル 2020」
Date
2020/3/14(Sat)10:00〜18:00
2020/3/15(Sun)10:00〜18:00(時間予定)
Venue
代々木公園 イベント広場 (The event space of Yoyogi Park)
Organized by
アイラブアイルランド・フェスティバル2020実行委員会
在日アイルランド商工会議所 / 駐日アイルランド大使館

※ アイラブアイルランド・フェスティバル2020でのボランティア参加、飲食・物販のご出店につきましては、こちらまでお問い合わせください。
* Please send us an email to inquire about volunteer opportunities and vendor spaces:
【アイラブアイルランド・フェスティバル2020お問い合わせ】
mail@iloveirelandfes.com

Stage

※タイムテーブル・出演者は変更になる可能性がございます。

MC

仙台在住のタレント。海外でも大人気のカプセルトイ(ガチャガチャ)のカリスマコレクターとして有名。 毎年アイルランドフェスティバルの司会も担当しており、2020年は映画『ラストレター』で役者に挑戦している。<br><br>Wakky is entertainer who lives in Sendai. A charismatic collector of capsule toys that is very popular overseas. He also performs every year as the MC of the 'I love Ireland Festival'. And in 2020, he challenge the actors in the movie 'Last Letter'.

ワッキー貝山

3.14 sat

広島県出身。3歳より佐藤昌子氏のもとクラシックバレエを始める。15歳より林孝之氏のもとアイリッシュダンスを始め、その後アイルランドのダブリンへ単身渡愛し、Ronan McCormack氏、Anthony Murnane氏に師事。多数の大会で上位入賞し、2014年ロンドンで開催された世界選手権に出場。<br>現在は数少ないアジア人のアイリッシュダンサーとして、国内外問わず活動中。また、ダブリンに本部を構えるアイリッシュダンス協会、An Coimisiún Le Rincí Gaelacha(CLRG)の認定教師(TCRG)でもあり、ダンスの指導も行っている。2020年ダブリンで開催される世界選手権のオープニングセレモニーへの出演が決まっている。<br>主な出演作に、舞台「パイレート・クイーン」(帝国劇場・梅田芸術劇場)、「Take The  Floor 2012」(Dublin公演)、「Murphy's Celtic Legacy」(Omagh公演)などがある。<br><br>Yuika Nakagawa is an Irish dancer who is performing at home and abroad currently. She had been training and competing at numerous championships in Ireland such as the World Championships.<br>Yuika will perform at Opening Ceremony of the 50th World Championships which will take place in Dublin on April.<br>The musics are played by a three piece Celtic music band 'Frolicks' which in combination of piano accordion, guitar and Irish flute.<br>On the main stage, Frolicks' sound makes Yuika leap!<br><br>・ホームページURL<br>Frolicks → <a href='https://www.facebook.com/frolicks.irish/' target='_blank'>https://www.facebook.com/frolicks.irish/</a><br>中川唯可 → <a href='https://www.ode-inc.com/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E5%94%AF%E5%8F%AF/' target='_blank'>https://www.ode-inc.com/アーティスト/中川唯可/</a>

中川唯可 with  Frolicks

3.14 10:40〜11:10

桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒。伝統音楽を学びにアイルランドへ留学。国宝級アイリッシュバンドのザ・チーフタンズをはじめ、国内外のアーティストとの共演やアイルランド大使館、総理公邸にて演奏披露する。アイリッシュバンド「LADY Chieftains(レディチーフタンズ)」、オリジナルケルティックユニット「KOUCYA」メンバー。昨年、スペインで開催されたFestival de Ortigueira 2019のケルト音楽コンテストで、メンバーとして参加したYuki Kojima Bandで優勝。今夏、同フェスティバルにてステージ出演が決定。これまでに槇原敬之やFUNKY MONKEY BABYS等のアーティストのアルバムや、 テレビコマーシャル「Black Nikka Whisky」、作曲家・林ゆうき氏が音楽を手掛けたテレビドラマ「DOCTORS~最強の名医~」や「絶対零度」、アニメーション「ブラッドラッド」等のサウンドトラックや、光田康典氏の手掛けた劇場版「黒執事Book of the Atlantic」の劇中音楽等、レコーディングにも多数参加。アーティストのバンドサポートとして、クレイユーキーズ、また平昌オリンピックの開・閉会式の音楽監督を務めた、日韓でご活躍のピアニスト、作曲家、プロデューサーの梁邦彦氏の韓国公演シリーズコンサート等に参加。幅広いジャンルで、ライブコンサートやフェスティバル等イベントライブに多数出演し、クラシックはソロからオーケストラまで、ケルト音楽はカナディアンスタイルのステップダンスや、タップをしながらフィドルを弾くケベックスタイルも身につけ、踊るフィドラーとしても活躍中。<br>毎年出演させていただいているI LOVE IRELAND FESTIVAL、今年はギター高橋創さんとフィドラーMikie O'Sheaさんと共に、お届け致します♪<br><br>
Graduated from the Toho Gakuen High School Music Department and has earned a Bachelor in Music Performance from the Toho Gakuen School of Music.<br>
She moved to Ireland in 2007 and learnt traditional Irish music for a year there. After returning to Japan, she formed the Chieftains tribute band, the Lady Chieftains, recognized by the original Chieftains band. She has also performed and collaborated with the likes of the Chieftains and many other traditional artists both internationally and within Japan. She has performed in venues as diverse as the Irish Embassy in Tokyo and the Japanese Prime Minister’s Official Residence. She formed the three-person unit, KOUCYA, formed from members of the Lady Chieftains, which has released their first album.<br>
In 2019, Yuki Kojima Band, the specially formed band in which she participated as a guest member, won in the Celtic music competition at the “Festival de Ortigueira 2019” in Spain. The Band will play at the same festival in summer 2020. She has also participated in several recordings, and for TV commercials, soundtracks for the Japanese drama series and the animated series, and films. She participated in festivals and workshops while traveling around Canada, learning new Celtic fiddle styles such as those of Prince Edward Island and Cape Breton Island, as well as the Franco-Quebecois style, which involves foot percussion played simultaneously with fiddle playing. <br>
At present, she plays solo, ensemble and orchestra concerts, as well as various events such as music festivals. She mainly plays Classical and Celtic music.<br>
She has been playing at the I Love Ireland Festival every year since the festival started. This year, she will play with Hajime Takahashi (guitar) and Mikie O’Shea (fiddle).<br><br>
<a href='http://ayako-okunuki.com/' target='_blank'>http://ayako-okunuki.com/</a><br><a href='https://m.facebook.com/ayakookunuki.music/' target='_blank'>https://m.facebook.com/ayakookunuki.music/</a>

奥貫史子 feat. Mikie&Haji

3.14 12:00〜12:30

アルダースクールは2009年に設立し、東京と横浜を拠点に、子供は5歳から大人までアイリッシュダンスを楽しんでいます。<br>クラスはビギナーからチャンピオンシップまであり、経験やレベルに合わせて編成しています。<br>また競技会実績も高く、世界選手権をはじめ、アメリカやヨーロッパ、アジアで開催される国際競技会に出場し、入賞を果たしています。<br><br>
Established in 2009, Ardagh School of Irish Dance offers traditional Irish Dance instruction for boys and girls ages 5 through adults in Tokyo and Yokohama.<br>Dancing levels range from Beginner to Open Champion. Performances and competitions include both solo and ceili dancing.<br><br>・ホームページURL:<br><a href='http://www.ardaghschool.com/' target='_blank'>http://www.ardaghschool.com/</a><br><a href='https://www.facebook.com/ardaghschool/' target='_blank'>https://www.facebook.com/ardaghschool/</a>

アルダースクール東京

3.14 13:20〜13:50

アイルランド伝統音楽をベースとしたオリジナル楽曲を演奏するユニット。<br>
フィドル、ホイッスル、コンサーティーナ、ブズーキ、バウロンの楽器編成で、色彩豊かな音楽を奏でる。<br>
メンバー全員が東京藝術大学音楽学部楽理科、同大学ケルト音楽研究部出身。自然と気の合う4人が集まり2009年に結成。東京を拠点に全国各地で演奏を行い、これまでに4枚のアルバムをリリース。アドリブを効かせた華やかなライブパフォーマンスで聴衆の心を魅了する。<br>
ユニット名には「音楽を世界中へ運んで旅するバンド」という意味が込められている。<br><br>
Camel comprises Shoko Takanashi (whistles), Emy Sakai (fiddle), Minami Oka (bouzouki) and Yukari Narita (bodhran and concertina).<br>
They play original music based on traditional Irish musical instrument organization. They attract the audience with the live performance that combines happiness and strength. Four members compose tunes inspired not only by Irish traditional style but from their certain music knowledge and theory from all over the world. The band name 'CAMEL' includes the concept: a band carrying music around the world.<br>
All members are from Tokyo University of the Arts, and joined Celtic Music Research Club at the time.<br>
Camel is formed in 2009, and four albums have been released so far.<hr>
酒井絵美(フィドル)<br><br>
東京藝術大学音楽学部楽理科卒、同大学院音楽研究科音楽文化学専攻(音楽民族学)修了。<br>
大学院在学中アントニン大学(レバノン)に留学。修了後はノルウェーに定期的に滞在し、演奏会・国営テレビに出演、レコーディングに参加。2019年はマイアミに行くなど、地域を広げフィドル奏法の調査・研究・演奏を行っている。著書に『中東世界の音楽文化~うまれかわる伝統』等。近年はゲーム音楽やCM音楽のレコーディングも多数手がけている。<br>
ノルウェー音楽デュオ「ノルカルTOKYO」、アイリッシュ音楽ユニット「tipsipúca」等に参加。<br><br>
Emy Sakai started playing the violin at five years old. She plays Norwegian, Irish, and Arabic music by the violin and Hardanger fiddle, and joins many bands such as Norkul Tokyo (Norwegian), 3 Tolker (Nordic), Camel (Irish), tipsipúca (Irish), Musica Arabia (Arabic), Voice of the Nile Club (Arabic). Also, she has toured as a soloist in Japan and Norway.<br>
She got her bachelor’s degree (Bachelor of Arts) in 2012 from Tokyo University of the Arts, majoring in Musicology and also completing a master study from the same university.<br>
She has studied Arabic music theory and rendition style performed with Nidaa Abu Mrad and Mustafa Said in Lebanon. Recently she concentrates on studying traditional Norwegian musical instrument, Hardanger fiddle with Knut Hamre et al in Norway. She published some books about Arab music in Japan.<br><br>
<a href='http://www.emysakai.com/' target='_blank'>http://www.emysakai.com/</a><hr>
高梨菖子(ホイッスル)<br><br>
東京藝術大学音楽学部楽理科、及び東京音楽大学作曲指揮専攻(映画・放送音楽コース)卒。<br>
幼少時からピアノ、ソルフェージュ、作曲を学ぶ。<br>
藝大在学中、同大学のケルト音楽研究部にてティンホイッスルと出会い、アイリッシュパブやライブハウス等での演奏活動はじめる。藝大卒業後は「きゃめる」、「 tipsipúca」等のユニットで活動し、アイルランドの伝統音楽だけでなく数々のオリジナル曲も手がけ、演奏している。2019年6月、BSフジにて放送された「藤原紀香と巡る 奇跡のリアリズム」では、テーマ曲の作曲を担当するなど、TV番組への楽曲提供も行っている。<br><br>
Shoko Takanashi started learning piano, solfège, composition in her childhood. She studied Musicology at Tokyo University of the Arts and then began to play the tin whistle. After graduation, she majored in Film scoring at Tokyo College of Music.<br>
She is presently active as a tin whistle player and a composer and belongs to some bands: Camel, tipsipúca, etc.<br>
Her musical pieces are used for TV programs.<br><br>
<a href='https://shoko38.wixsite.com/shokotakanashi' target='_blank'>https://shoko38.wixsite.com/shokotakanashi</a><hr>
成田有佳里(バウロン&コンサーティーナ)<br><br>
アメリカ合衆国ニュージャージー州生まれ、湘南育ち。東京藝術大学音楽学部楽理科卒。<br>
3歳よりピアノをはじめ、6歳よりソルフェージュ、作曲を学ぶ。大学在学時、アイルランド音楽の文化に共鳴し、バウロン、コンサーティーナプレイヤーとなる。アイルランドにて現地プレイヤーとのパブセッションを経験。2017年、ザ・チーフタンズ来日公演にて共演。<br>
日本人ならではのアイリッシュ音楽を追求し、演奏・作曲活動を継続。代表作品は「阿波おどりset」など。ラジオ番組への楽曲提供も行っている。<br><br>
Yukari Narita is one of the top Bodhran player in Japan.<br>
She has been playing the Piano, learning solfege and composition since childhood.<br>
While in Tokyo University of the Arts, she started Irish music and performed in Ireland. In 2017 she co-starred with The Chieftains in Japan.<br>
She is leading the “Japanese” Irish music through her performance and composition. One of her representative works “Awa-Odori” is based on Japanese “Odori” and Irish “Dance”.<br><br>
<a href='https://yukari-narita.amebaownd.com/' target='_blank'>https://yukari-narita.amebaownd.com/</a><hr>
ゲスト:中村大史(ギター)<br><br>
幼少期よりピアノに親しみ、その後ギター、ブズーキ、アコーディオン、マンドリン、バンジョー、ハープ等様々な楽器を用いて作曲・演奏をするようになる。アイルランドをはじめとするケルト音楽にあかるく、tricolor, John John Festival, O’Jizo 等複数のバンドや個人として国内外で活動する。<br>
また、奏者としての舞台出演や様々なライブサポート、録音参加、コンテンポラリーダンスや映像の音楽を担当する等、活動は多岐に渡る。北海道生まれ、東京芸術大学音楽環境創造科卒。<br><br>
Hirofumi Nakamura started to play the piano when he is very young. Through his student days, he became multiplayer, who can play the guitar, the bouzouki, the accordion and the mandolin. He is a member of several Celtic music bands in Japan, like tricolor, John John Festival, O’Jizo and so on. He also plays as a support musician for several singers, bands and recordings. And besides, he composes and plays music for movie, drama and contemporary dance.<br>
He performed at Celtic Colours International Festival in Canada(2016), Woodford Folk Festival(2018), National Folk Festival in Australia(2019) and played at “WALLFLOWER” by Inbal Pinto & Avshalom Pollak Dance Company in Israel(2014,2015,2016). B.A. in Musical Creativity and Environment in Tokyo University of the Arts.<br><br>
<a href='http://hirofuminakamura.com/' target='_blank'>http://hirofuminakamura.com/</a><br><br><br>*岡皆実(ブズーキ)は都合により欠席となります。

きゃめる

3.14 15:20〜16:00

3.15 sun

ダブリンの本部を拠点として世界中に支部を持つ、アイルランドの伝統音楽、ダンス、文化の振興団体。日本支部は1991年に設立され、大半の会員が伝統音楽やダンスの愛好家です。また定期的なクラスやワークショップ、イベント等も主催しています。ステージでは多彩な楽器で奏でるアイルランドの音楽と、さまざまな種類の伝統ダンスをご紹介いたします。<br><br>
Comhaltas is the largest group involved in the preservation and promotion of Irish traditional music and culture. Since the Japan branch of Comhaltas or CCÉ Japan was founded in 1991, the branch, whose members are musicians or dancers, has organized regular music /dance classes and various cultural events in Japan. On the stage, we will play Irish music with various instruments and introduce different styles of traditional dances. <br><br>
URL:<a href='https://comhaltas.jp/' target='_blank'>https://comhaltas.jp/</a>

CCÉジャパン

3.15 10:00〜10:30

元リバーダンス世界ツアーダンサー、タカ・ハヤシ主宰ダンスアカデミー。<br><br>
2006年より、競技志向のスタイルから、リバーダンス等でみられるステージダンスが表現豊かに踊れるようになれるまで、ダンサー一人一人と向き合って毎週レッスンしています。<br>
自主公演、学校芸術鑑賞教室、企業イベント、コンベンション、TVドラマ、ミュージックビデオ、ドキュメンタリー映像等出演実績や、ミュージカル・大学院(ダンス専攻)等オーディション合格実績多数<br><br>
また、今年1月に初のホール公演「KARASU」を上演し(後援:駐日アイルランド大使館)、多数の方々から称賛の声が上がり、早くも次回公演を熱望されている、ステップダンスカンパニー ライジン のメンバー、村瀬美音・相ケ瀬龍史も友情出演します。<br><br>
Taka Hayashi Irish Dance Academy with Step Dance Company Rizeeen<br><br>
Taka Hayashi, Ex-Riverdance world tour dancer, have been teaching Irish step dancing through competition oriented style to stage choreography as seen Riverdance, Lord of the Dance in Tokyo every week since 2006.<br>
Students had experienced in their own recitals, School Art Programmes, Corporation Events, TV Drama, Music Video, TV Documentary and so on.<br>
There were some successful candidates for Master of Arts in dance performance, Musical, Overseas Dance Company as well.<br><br>
Mio Murase & Ryuji Aigase, the member of the step dance company 'Rizeeen' which currently Taka is working with will perform together.<br>
Their first hall concert 'KARASU', which was sponsored by the Embassy of Ireland in Japan and was held in Jan 2020, was praised by many spectators.<br>
There are many voices calling for the show to be re-enacted soon.<br><br>
URL:<br>
Takaのアイリッシュダンス夢ブログ<br>
<a href='http://www.irishdance.jp/blog' target='_blank'>http://www.irishdance.jp/blog</a><br><br>
Step Dance Company Rizeeen Official Site<br>
<a href='https://www.rizeeen.com' target='_blank'>https://www.rizeeen.com</a>

タカ ハヤシ アイリッシュダンス アカデミー

3.15 11:30〜11:50

小松 大 フィドル/ヴィオラ<br><br>
フィドルとヴィオラというふたつの楽器を手に、音楽と人と場所をつなぐアーティスト。<br>
2004年にアイルランド音楽と出会い、パット・オコナーら現地のプレイヤーから学んだフィドルは力強いリズムと美しいフレージングで多くのファンを魅了する。''Dai Komatsu & Tetsuya Yamamoto’'で2枚のCDをリリースするほか、ギタリスト高橋創とのデュオの評価も高い。<br><br>
2019年に株式会社Ode(オード)を設立しCEOに就任。袋井市や成田市で開催されたアイルランドフェスティヴァルの制作、豊洲スタイルマーケットや岡崎トレッドゴードマーケットをはじめ、多くの野外イベントの音楽プロデュースを行っている。<br><br>

DAI KOMATSU<br><br>
Dai came across Irish traditional music in 2004 and visited Ireland 2 years later and stayed in county Clare where the traditional music is prosperous. There he studied traditional music from the well-known local fiddle player Pat O’Connor for about 3 months and became frequent visitor of Ireland from that time on. <br>
  After he came back to Japan, he co-established an organization called Blackbird Music with Care-based Erika Mochizuki and together they had made huge effort to introduce Irish traditional music to Japanese audience. Some of his notable work include producing hugely succeeded ‘Irish Days 2012 -Life with Music-’ which was hosted by House of Culture in Nagakute, Aichi prefecture, performing the dedication music for the world-famous Ise-Shrine in 2013, and winning the judge’s award in Ceili Competition 2015 hosted by CCE Japan. He also performed the biggest stage of St. Patricks day in Tokyo in Yoyogi Park in 2018.<br>
  This year 2019, he established Ode.inc, a company which produces music events and it has produced several outside events in various places. The company also was in charge of some important promotion of Rugby World Cup 2019. <br>
  Not only active as a producer, Dai is also engaging exceedingly in performing Irish traditional music himself and he has played countless places all over Japan and has performed together with some of the best Irish traditional musicians here such as Pat O’Connor, Eoghan O’Sullivan, Dave Flynn and Cormac Begley. His playing has fascinated many audience with his deep understanding of traditional music with the solid rhythm and flawless control of his instrument which he studied in Aichi University of Arts.<br><br>
<a href='https://www.ode-inc.com/' target='_blank'>https://www.ode-inc.com/</a><hr>

松岡 莉子(まつおか  りこ)ケルティックハープ<br><br>
英国王立スコットランド音楽院スコットランド音楽学科(スコティッシュハープ科)の修士課程を修了。在学中は音楽院より奨学金を授与される。 <br>
2018年、英国スコットランドで開かれたケルティックハープのコンクール”The Princess Margaret of the Isles Memorial Prize for Senior Clàrsach”にて優勝。 コンクール決勝では4人のファイナリストのうちの一人として英国スカイ島のアーマデール城でリサイタルを行い、アジア人初のスコティッシュハープコンクール優勝として複数の現地メディアに取り上げられる。<br><br>
3歳でピアノ、14歳でレバーハープ、グランドハープを始める。 これまでにグランドハープを宇野友基子氏に、スコティッシュハープをコリーナ・ヒーワット氏、カトリオーナ・マッケイ氏、レイチェル・ヘアー氏、ジェシカ・バートン氏に師事。2016年、イギリスハープ協会奨学生に選ばれた事をきっかけに英国スコットランドへ渡英し、現在は「ケルティックコネクション」、「エディンバラハープフェスティバル」出演など、スコットランド・日本を拠点に活躍を続けている。<br><br>

RIKO MATSUOKA<br><br>
Riko Matsuoka was born in Osaka prefecture of Japan. <br>
In July of 2019, Riko graduated from the Royal Conservatoire of Scotland in Glasgow with a master’s degree in traditional Scottish music.<br>
Riko also became the winner of the 2018 Princess Margaret of the Isles Memorial Prize for Senior Clarsach. The final took place at the Armadale Castle in the Isle of Skye.<br>
She has had a passion for music from the early age. She began playing the piano at the age of three and won a prize in the Nissin International piano Competition in 2006. <br>
She started playing the harp later and she immersed herself in Scottish traditional music and the sound of the clarsach. She started flying over for courses at the harp festival in Ireland and Edinburgh from Japan and She became the finalist of the Osaka international music competition in 2013.<br><br>
She moved to Edinburgh to study the Clarsach (Scottish harp) and traditional Scottish music in 2016.<br>
She has since been a recipient of prizes and scholarships including The Clarsach society Annual scholarship and The Col. William McMurdo Currie Memorial Scholarship (Scotland).<br><br>
<a href='https://www.imliving.com/harp/' target='_blank'>https://www.imliving.com/harp/</a><hr>

中川唯可<br><br>
広島県出身。3歳より佐藤昌子氏のもとクラシックバレエを始める。15歳より林孝之氏のもとアイリッシュダンスを始め、その後アイルランドのダブリンへ単身渡愛し、Ronan McCormack氏、Anthony Murnane氏に師事。多数の大会で上位入賞し、2014年ロンドンで開催された世界選手権に出場。<br>
現在は数少ないアジア人のアイリッシュダンサーとして、国内外問わず活動中。また、ダブリンに本部を構えるアイリッシュダンス協会、An Coimisiún Le Rincí Gaelacha(CLRG)の認定教師(TCRG)でもあり、ダンスの指導も行っている。2020年ダブリンで開催される世界選手権のオープニングセレモニーへの出演が決まっている。<br>
主な出演作に、舞台「パイレート・クイーン」(帝国劇場・梅田芸術劇場)、「Take The  Floor 2012」(Dublin公演)、「Murphy's Celtic Legacy」(Omagh公演)などがある。<br><br>

YUIKA NAKAGAWA<br><br>
When Yuika was younger, she wanted be a ballet dancer but it's changed once she discovered the Irish dancing at the age of 15. She moved to Ireland on her own and had competed at Leinsters, All-Ireland and World Championshps in solos. <br>
Yuika is dancing at home and abroad currently. She is also a TCRG with An Coimisiún Le Rincí Gaelacha and teaching Irish dancing in Tokyo. Yuika will perform at Opening Ceremony of the 50th World Championships which will take place in Dublin on April.<br>
She danced in Broadway musical 'The Pirate Queen' (The Imperial Theater/Umeda Arts Theater) as a Japanese original cast, 'Take The Floor 2012' (Dublin) and 'Murphy's Celtic Legacy' (Omagh).<br><br>
<a href='https://www.ode-inc.com/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E5%94%AF%E5%8F%AF/' target='_blank'>https://www.ode-inc.com/アーティスト/中川唯可/</a>

小松 大 & 松岡 莉子 with 中川 唯可

3.15 14:25〜14:45

Coming soon

3.15 14:50〜15:10

ケルトとブルースを背景とするハモニカ、フィドル(ヴァイオリン)、ギターによるインスト音楽バンド。2012年スペインの「オルティゲイラ国際ケルト音楽祭」のコンクールでアジア人史上初優勝し、2018年フランスで行われる世界最大の「ロリアン・インターケルティック音楽祭」のコンクール優勝。 日本のフジロックや欧州各地のフェスティバル出演をはじめ、各アルバムは日欧米のラジオや紙面でも取り上げられる。歌詞を持たないことで自由に響く音の反射が、アコースティックからエレクトロまでジャンルや国籍、年齢の枠を越えて広く評価されはじめている。<br><br>
Celtic blues- a new kind of instrumental music from Japan. Combining the eclectic timbres of harmonica, fiddle, guitar and percussion, Harmonica Creams fuse acoustics and electronics to create a uniquely emotive and danceable sound. The distinct sensibilities of Yoshito Kiyono, the leader and harmonica player, amalgamates sonically, the dynamics of chaos and harmony.<br>
Harmonica Creams were awarded first prize at the 2012 Festival de Ortigueira of Celtic World, Spain and the 2018 Festival Interceltique de Lorient, France, respectively- the first time for a band from a country outside of the Celtic tradition. <br>
Their 4th album was recorded in Spain, with five guest musicians including Brian Finnegan from Flook, and Calum Stewart. Harmonica Creams’ albums have been featured in Spanish, Portuguese, and US radios and magazines.<br><br>
Member : <br>
Yoshito Kiyono (Harmonica)<br>
Aiko Obuchi (Fiddle)<br>
Koji Nagao (Guitar)<br><br>
WEB <a href='http://harmonicacreams.com' target='_blank'>http://harmonicacreams.com</a><br>
YouTube <a href='https://www.youtube.com/watch?v=U1PPtCMAlbw' target='_blank'>https://www.youtube.com/watch?v=U1PPtCMAlbw</a>

ハモニカクリームズ

3.15 15:20〜16:00

Access

map

代々木公園

  • JR原宿駅から5分
  • 代々木公園駅(東京メトロ千代田線)から5分
  • 明治神宮前駅(東京メトロ千代田線/副都心線)から7分
  • 代々木八幡駅(小田急線)から10分
  • 渋谷駅から20分